不動産会社3社からの査定のうち2社と会って話をしました

不動産会社の査定が出てから、夫と悩んでいましたが、絞り切れないということで2社と話してみようということになったんです。

 

残ったのはA社とC社ですね。
A社は対応が丁寧なのと、やっぱり査定額が高いのが気になっていました。
C社も査定としては2番目ですし、査定書が出たのは良い所なんでしょうね。

 

特にB社に不満があったわけではありませんけど、なんとなく2箇所に絞った感じになりました。
直接、夫と話してもらったほうがいいので、休日の午前中にC社、午後からA社の方に来ていただいたんですよ。

 

C社の担当の方は、査定書を見ながら説明してくださって、大手の不動産会社というだけあって、しっかりした感じでした。

 

夫が「実際のところ1,600万円で売れるものですか?」と聞いてみると、「中古マンションの売却でも買主の方は価格交渉を勉強していますので、多少は話し合いが出るでしょうね。」ということです。

 

全体的な売却の流れを書いている資料も持参してくださったので、いい印象でしたね。
午後からは、時間が重ならないようにA社の担当の方に来ていただきました。

 

詳しい査定書と、この辺で出ている売りマンションのチラシも持参してくれましたね。
「同じマンションではないのですが、この周辺の相場としては参考になるかと思います。」ということでした。

 

こちらも大手の不動産会社の方ですが、地域の情報には詳しいみたいで、スーパーも近いし、学校もあるのでファミリー層も期待が出来るっていう話がありました。

 

1月中頃に査定などをしていたのですが、A社の担当者の話では「実際に中古マンションが動くのも3月頃が活発なんですよね。

 

ご売却に関してはお急ぎなのでしょうか?」と質問され、夫からは「急ぎではありませんが、時間がかかると何かデメリットはありますか?」と逆に聞いてみました。

 

「3ヶ月の契約期間で担当させていただくのが一般的になっており、この時期からですと3月には売却が見込めるとは思います。
あくまでも予測ですので確約は難しいのですが。」というお話です。

 

ちょっとだけ「絶対大丈夫です!」って言われなかったのが、正直で信用していいんじゃないかと思いましたね。

 

かなり細かい説明もしてくれて、A社の方がお帰りになってから、夫に「正直そうな方よね。」と言ってみると、同じことを考えていたようです。

 

私たちなりに勉強した中では、不動産会社の担当者も人によって対応が違うと聞いていたので、夫婦ともにA社がいいなぁと内心思ったんですよ。

 

後から話を聞いたというのもA社が印象に残った理由かもしれないですね。

 

何だか親身になってくれたC社にも申し訳ないし、B者の方も査定に来てくれて、断りにくいなぁと思ったんですけど、査定を申し込んだイエイだとお断りの連絡を代行してくれてたので、お願いしちゃいました。

国内最大級と言われるマンション売却査定サービス

 

一括査定

マンションを売るのは初めてだったのでチンプンカンプンでしたが一括査定を利用することでいろんなことが一気に楽になりましたよ。

 

忙しい方や知識が無い方はこういった無料サービスはドンドン利用すべきだと思いました。