マンションの購入申込書っていうのが来ました

約束通り4日後には不動産会社から連絡が来て、「やはり購入の方向で話を進めてほしいということでした。不動産の場合は、口約束ということが出来ませんので、購入申込書を持参したいのですが、明日にでも伺って構いませんか?」ですって。

 

購入申込書っていうのを持って来てくださったんですけど、これには金額が書かれているんですね。

 

先方が希望する価格ということのようなので、1,700万円って書いていました。
夫と目配せしましたけど、「結構、下げてきたなぁ…。」って思いましたね。

 

様子に感づいたのか不動産会社も、「売りたい価格が1,870万円、売らない価格で1,600万円ということですので、少し厳しいかとは思いました。
ただ、これは買い主様のご希望というだけで、双方の希望をすりあわせた価格の交渉は可能なんですよ。」と言っていました。

 

私個人としては、「これはないわねぇ。」って思いましたけど。
後になって夫と話しても「いやぁ、厳しいもんだねぇ。」と苦笑いをしていました。

 

購入申込書の内容では、金額の他に契約日はいつ頃なのかとか、手付金としていくら払うとかが書かれているんですね。

 

手付金は10%にするのが普通みたいで「170万円を現金で」と書かれています。
契約の日付が1週間後になっていたので、話し合って考えてから不動産会社に返事をすることにしたんです。

 

夫婦揃って頭を悩ませていましたが、考えている最中に、後から内覧にいらっしゃった方からの購入申込書も来ちゃったんですよ。

 

来ちゃったっていう言い方は失礼ですけど、不動産会社の方も「時勢が時勢なので、正直なお話、こうやって申し込みが重なるのは本当に稀なことですね。条件的なことが異なりますので、最初の方の期限として1週間が設定されていますので、あと4日間である程度ご決断いただけますでしょうか?」っていうことなんです。

 

ただ、考えるのに必要な情報がもらえたんですね。
最初の方は住宅ローンの事前審査がこれから、そして次の方は事前審査には通過しているということなんです。

 

「どう捉えるといいですか?」と夫が質問すると、「ローンの事前通過をしていると、ほぼ確実に購入できる状態を考えて構わないでしょう。事前審査の通過をしていないと、もしかすると審査に通過せず購入できない可能性が出てきます。」と説明されました。

 

それから、「先に購入申込書を下さった方をお断りなんてしてもいいんですか?」と聞くと、「手付金の支払いがされているのではありませんし、優先的な交渉権はありますが、契約者を選ぶのは売り主様となりますね。」ですって。

 

ちなみに、後から申し込みを下さった方は1,770万円になっているんですよ。
きっと知らない人には、たかが70万円なんでしょうけど、これって大きいですよねぇ。
希望していた額から100万円ダウンで済むというのは、予想外のいい結果に見えてきました。

国内最大級と言われるマンション売却査定サービス

 

一括査定

マンションを売るのは初めてだったのでチンプンカンプンでしたが一括査定を利用することでいろんなことが一気に楽になりましたよ。

 

忙しい方や知識が無い方はこういった無料サービスはドンドン利用すべきだと思いました。